商号 プラムシステム有限会社
Plum System Inc,

〒103-0027
東京都中央区日本橋2丁目1-17 丹生ビル2階
URL
http://www.plum-syst.com/
Eメール 
keigo.matsumoto@plum-syst.com

Facebook(会社)
https://www.facebook.com/plumsystem
Facebook(個人) 
https://www.facebook.com/matsumoto.keigo
設立 1994年11月22日
資本金 300万円

代表者の紹介

松本 敬吾 (1957年、佐賀県鹿島市生まれ)

8ビット(8080)時代よりマイクロコンピュータ応用開発会社に勤務。
マイコン開発会社にて、検査システム(アルプス電気様向けキーボード検査装置)の設計、フィールド・メンテナンスを行う。
同社にてマイコン開発支援装置(ICE)のユーザー・サポート部を設立しチーフとして業務を行う。
その後、トランスピュータ・ボード・システム及びアクセラレータ・ボード・システムの営業技術を経て1994年独立。

事業方針

科学技術分野の創造的・効率的な仕事の推進に役立つ高速コンピュータシステムの企画・提案・販売を行う。
電子機器開発会社への開発支援システムの提案・販売。
開発受託から委託まで得意分野での創造性・信頼性の高い商品企画・開発製造・販売のコンサルティングを行う。

<プラムシステムの企業ポリシー>

  • 過酷な騒音環境作業従事者の安全装置を企画・開発する
  • 継続的なサービスを提供するために、偽りの無い製品説明を行う
  • カスタマーサービスについては最大限に勤める
  • 個人情報を取扱う際に、個人情報の保護に関する法律をはじめ個人情報保護に関する諸法令、および主務大臣のガイドラインに定められた義務、並びに本ポリシーを遵守する

営業品目(社名敬称、順不同)

  • FPGAデジタル信号処理ボードシステム(1994年から2014年まで)
  • キツツキ・ハンマー 騒音環境下作業者安全装置企画開発(2014年から研究開発)
  • センサー&無線応用システムの開発受託

主な納入先(敬称略、順不同)

東京工業大学、東北大学通信研究所、慶応義塾大学、NTTDoCoMo、東京大学生産技術研究所、通信総合研究所(NICT)、 科学技術振興事業団(JST)、高輝度光科学研究センター(SPring8)、富士通研究所、富士通テン、富士通、サムスン横浜研究所、 カテナ、昭和ハイテクレント、オリックスレンテック、三菱電機製作所、九州松下電器、太陽誘電R&D、協同電子システム、オプトウェーブ研究所 北海道大学、NTT未来ねっと研究所、モトローラ、パナソニックモバイルコミュニケーションズ゙、日立インダストリーズ、アポロ技研、理化学研究所、電子航法研究所、大阪大学大学院、大阪工業大学、東洋ガラス機械、 仙台銘板、データテクノロジー 、NTTドコモ(復興支援)・・・その他多数

備考:さがみはら産業創造センターネットワーク・メンバー(4番目・卒業生)