• 製品説明☆作業者の転倒・滑落・打撲での急激な身体変動を加速度センサー感知し無線で遠隔仲間に知らせる 
    • 怪我などで発声できない状態でも衝撃を感知し自動的にSOSを発信。加速度センサーおよび特定小電力無線(免許不要)搭載!☆爆音環境下の作業は周囲の音(声)が届きにくく怪我をしても遠隔の作業者が気づいてくれない 
    • 特殊なキツツキ・ハンマーで遠隔仲間のヘルメットをコンコンと叩く・・・!  HH1

 

本製品の優位性キツツキハンマーは今まで例がないシステムでヘルメット装着及びイヤーマフ(耳栓)が義務化されている以下の様な騒音作業現場で有効。 例)間伐作業、溶鉱炉、建設、造船、道路工事、高所作業、砕石現場、消防活動など!  

  騒音環境作業者安全装置として特許公開済み 特開2014-153876☆ニーズに合わせて形状・センシング方法などをカスタマイズ「受託開発・製造」可能

 

 

 

  • 2019年12月からリリース開始 キツツキハンマー
  • 騒音環境下作業者の緊急伝達装置
  • 構成:親機(土場、監視員側) 子機5台(作業員のヘルメットへ取り付ける)
    注)ヘルメットは付属していません。
           
  • 子機(ヘルメット)側に特殊センサー搭載              
  • 滑落、打撲などをセンサーが感知してSOS信号を自動的に送信!
  • 用途:林業作業向け、道路工事、建設現場、保線工事、プレス工場などの騒音現場に最適。
  • 通信方式:LoRa(920MHz)   見通し通信距離:約1000メートル
  • 通信方向:親機ー子機への双方向
  • 外部出力:接点出力・・・外部のパトライトなどと接続可能
  • (パトライトはオプション)

 


*詳細はEメールなどでお問いわせください。

・キツツキハンマー プレゼン資料 キツツキハンマー プレゼン資料20191001

・簡単なデモ動画 https://www.youtube.com/watch?v=hVhcyg9vNR0